トップ

ストーリー

オレゴン州ポートランドで主婦のカレン・ジェニングス(シャーリズ・セロン)は幸せな生活を送っていました。
ある日、麻酔医の夫・ウィル(スチュアート・タウンゼント)がシアトルへ出張となり出掛けることになります。その時、カレンは6歳の娘・アビー(ダコタ・ファニング)の姿が見当らないことに気付きます。
そして、カレンが振り返り目にしたのは、ジョー・ヒッキー(ケヴィン・ベーコン)という見知らぬ男の姿でした。ジョーは妻であるシェリル(コートニー・ラヴ)と従兄弟のマーヴィン(プルイット・テイラー・ヴィンス)の3人で連続犯罪を犯していたのです。
カレンはジョーの口からアビーを誘拐したと告げられ、抵抗しようとします。実は喘息の持病があるアビー、1度発作が起きてしまえば死の危険性があるのです。
その頃、アビーを誘拐したマーヴィンは、隠れ家の山小屋に到着していました。一方、シアトルへと出張になったウィルはシェリルに脅され、シアトルのホテルに監禁。
この誘拐を彼らが計画した理由というのは、かつてウィルが勤務していた病院で、ジョーとシェリルの娘が亡くなってしまったことにありました。
娘が死んだのをウィルの責任だと思い込んでしまったジョーとシェリルは、娘の復讐を果たそうと思ったのです。しかし、誘拐犯である彼らのチームワークはやがて崩れていくのでした。

PR

[PR] ポイントでお小遣い稼ぐならi2iPoint
[PR] 人気のダイビング器材はここで!
[PR] いよいよ始まる電力自由化!電力の比較ならエネチョイス